【東野圭吾】危険なビーナス~楓の正体は!?~ネタバレ注意!

テレビ番組
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

2020年に放送されたドラマ
東野圭吾の危険なビーナス
名家の遺産争いだけかと思いきや
それだけでは終わりませんね。

あらすじ

主人公の手島伯朗の元に現れた
異父兄弟・明人の妻と名乗る楓
物語はここから始まる。

伯朗はかつては矢神家の一員だった。
だが、20歳の時に籍を抜き手島に戻った。
弟である、明人とも10年以上音信不通の状態
だが、楓の勢いに負ける。

夫である矢神明人が失踪したという理由で
楓とともに弟の行方を追う伯朗
成り行き上、伯朗は遺産争いに巻き込まれる。

母である矢神禎子はすでに亡くなっており
夫である、矢神康治は危篤の状態

名家である矢神家の遺産は30億
しかし、この名家は複雑に構成されている。
遺産分配の為に集まった親戚一同
伯朗と楓は明人の失踪は
矢神家の誰かが関わっていると捜査を始める。

複雑怪奇に絡まる矢神家
康治の研究資料を巡り様々な駆け引きが始まる。
しかし、本当に重要だったのは
伯朗の父、手島一清の遺作だった。

一清は画家だったが、脳腫瘍ですでに亡くなっている。
そして、サヴァン症候群だったことが判った。
カギとなるのは「寛恕の網」

取り壊されたと聞かされていた
母の実家が最後の結末を迎える。

明人の行方は?
寛恕の網の行方は?
楓はいったい?
AD



手島伯朗について

真面目で正義感が強くウソがつけない伯朗
職業は獣医をしている。

女性に惚れやすく、態度でバレる。
以前、助手の陰山元美に惚れていたのもバレていた。

当然のように楓に惚れる伯朗
楓の行動にヤキモキする伯朗
それは、矢神勇磨によって加速する。
まるで自分の恋人のように(笑)

マヌケな部分もあるが
これでいて結構頭がいいといった印象を受けた。
しかし、弟の妻に惚れるのはどうだろう。
どんどん好きになっていったんでしょう。

最後には告白めいた言葉まで
だが、楓は明人の妻ではなかった!?
小説ではここで、幕を閉じるが
続編があったらどうなっていたのだろう。
明人との関係も気になる部分だ。

そして
伯朗が勤めていた池田動物病院
池田院長も死期を悟り、伯朗に託した。
そして、矢神という姓から手島に戻ったのに
さらに池田となる。

今更ながらドラマを見たいと思った。
妻夫木聡がどう伯朗を演じているのか?
今となってはオンデマンドで見るしか方法がない。
AD



まとめ

東野圭吾の小説は好きな部類に入る。
特に阿部寛が演じるドラマは好きだ。
一見、何の変哲もないのだが
何故か惹きつけられてしまう。

危険なビーナスに関しては
警察はそんな事はしない部分が
描かれていた。
少なくとも、日本では。だ

この、”日本ではありえない”がいいのかも知れない。
そんな「魅力的な女性」が警察にいるとも思えない(笑)

にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ
にほんブログ村

初心者・お小遣い稼ぎランキング

タイトルとURLをコピーしました