レビュー関連

ラフィーネエパゴールド600の効果は?これで頭痛から開放されるかも?!

目安時間 16分
  • コピーしました

気圧で頭痛が酷くなる。

そんなこと、ありませんか?

 

頭痛がヒドいと何もできませんよね。

 

そんな時は、ラフィーネエパゴールド600がいいんです!

山口大学医学部で研究確認済みの小林式EPA

その他、7つの食品成分が吸収をサポート!

 

ボクは、これで、気圧頭痛が治りました^^


これで治らなければお手上げ

ずっと、気圧頭痛で苦しんでいたのですが、

この、ラフィーネエパゴールド600を毎日飲むことで

あれだけヒドかった気圧頭痛もスッキリしました。

 

しかし、値段が少し高いんですよね。

7,000円以上します。

 

定期購入なら、900円ほど安くなりますが

効果がなければ、意味がありません。

なので、まずは1袋で試してみることに。

 

 

初めて、購入したのは2022年3月のことです。

 

季節の変わり目は、特に気圧の変化が激しく

いつも苦しんでいたんですね。

 

そして、ネットで色々検索していたら出てきたのが

この、ラフィーネエパゴールド600だったんです。

 

コレ以外にもラフィーネエパゴールド300と言うのもあるんですが

成分が半分なので、600の方を選択しました。

 

「頭痛ーる」と言う、アプリをご存知でしょうか?

気圧の変化がグラフで分かるんですが、一目で、どんな気圧かわかるんですね。

 

こんな状態の時は、本当に何も出来ません。

「ああ・・・明日は頭痛にやられて、何も出来ないな」

そんな、状態です。

 

 

ですが、こんなヒドい気圧でも

ラフィーネエパゴールドを飲めば

「あれ?普通に生活が出来るぞ!」となったんです。

 

さすがに、これぐらい気圧の状態が悪い場合は

2粒では効果がありません。

 

 

なので、1日の目安の最大の6粒飲みます。

 

でも、これで気圧頭痛がなくなるなら

安い買い物です。

 

今では、欠かせない存在になりました。

 

 

気圧頭痛だけじゃない!

ボクは気圧頭痛のために購入しましたが

他にも栄養が沢山入っています。

 

なので、生活習慣が心配な方や、年齢に負けない柔軟な体を目指したい方にもいいようです。

 

美川憲一さんや、ハンドボールの宮崎大輔さんも愛飲しているようです。

 

 

主な成分は、小林式EPAの他に

  • ウコン
  • タウリン
  • 黒胡椒抽出物
  • リゾレシチン
  • アーティチョーク
  • 西洋タンポポ
  • マリアアザミ

 

などが配合されています。

 

 

なので、年を取ってきて

体が心配な方にもぴったりですね。

 

インタビューもあります。

まとめ

最初は、半信半疑でした。

ホントにこんなので効果があるの?と思っていました。

 

しかし、気圧頭痛は見事、なくなりました。

 

7,000円ほどするので、おサイフには優しくないですが

仕事が捗れば、それぐらいの金額はチャラに出来ます。

 

 

そして、知人にも気圧頭痛で悩んでる方がいました。

「ボクはこれで治ったよ!」と勧めてみたところ

その方も、飲みだしてから気圧頭痛はなくなった。と言っていました。

 

そして、もう1つ気になる部分があります。

それは、1粒が大きいこと

ラフィーネエパゴールド

 

縦13.2mm✕8.4mmと少し大きいので

飲みにくいかもしれません。

 

今は、小粒タイプもあるようですが

成分は半分になっているので、通常版がいいでしょう。

 

あなたも、気圧頭痛から開放されてみませんか?


  • コピーしました

この記事に関連する記事一覧

この記事を書いた人

きょう
きょう

40代夫婦で運営するブログです。いわゆる雑記ブログ 様々な情報をお届けします! 「かがみ」 転職回数多数、色々な職種と業種を経験。現在はSE(システムエンジニア) ◎趣味⇒バイクでツーリング・キャンプもどき・以前はワンピースのフィギュア集め。細かい作業が得意。 「妻」 転職は2回。業種は同じで販売⇒現在WEB店舗運営。楽天・Yahoo!・Amazon・ヤフオクなど。

トラックバックURL: 
ブログ内検索
Contents
 Profile

きょう

きょう

40代夫婦で運営するブログです。いわゆる雑記ブログ 様々な情報をお届けします! 「かがみ」 転職回数多数、色々な職種と業種を経験。現在はSE(システムエンジニア) ◎趣味⇒バイクでツーリング・キャンプもどき・以前はワンピースのフィギュア集め。細かい作業が得意。 「妻」 転職は2回。業種は同じで販売⇒現在WEB店舗運営。楽天・Yahoo!・Amazon・ヤフオクなど。

新着記事
カテゴリー
このサイトについて
買い物は楽天市場で
人気記事