信用と信頼の違い

ビジネス関連
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

信頼と信用
違いは分かりますか?
文字だとあまり変わりませんが
中身は全然ちがいます。
信用 < 信頼
信用をしたりされるより
信頼をしたりされる方がいいですよ!

信用と信頼の違いはズバリ担保

信用⇛担保のあるなし
信頼⇛駆け引きなしの関係

信用は英語でクレジット
クレジットカードでおなじみですよね。
銀行で融資を受けるのも信用
これは簡単ですね。

年収や担保によって貸付金額が変わります。
その人から取りっぱぐれがない範囲で貸します。
貸す方は当然ですよね?

ようは、無収入や担保がない人は
”信用に値しない”ということ

では
友達にお金を貸すときは?
これは相手により変わります。
信用していても貸す場合もあると思いますが
もし返してくれなければそこで友情も終了
よくあることです。

ですが、信頼の場合
”どんな状況でも”駆け引きをしない。
こんなに信頼のおける人間はそうそういません。
自分のパートナーですら疑うことがありますからw

遠い人からは信用 近い人からは信頼

遠い人
会社の同僚や上司、部下
地域の人や子供関係の付き合い
これらは信用でいいでしょう。
ある程度信用されていれば可もなく不可もなし
という感じに物事は進みます。

しかし、家族や友達
自分の身近な人の場合、信用では足りません。
この場合、信頼するor信頼される
基本的に家族の場合は信頼をしているでしょう。
友達はどうでしょう?
信頼より信用の方が多い場合が多数でしょう。

別に全員を信頼する必要はありませんが
信頼を出来る友達は数人は必要ですね。
1人でもいいのですが、
本当に困った時に助けになってくれる
逆なら助けてあげる友達は数人までが丁度いい。
AD



GIVE&TAKEは信用より


少し変わった見方になりますが
ギブとテイクは同等の価値を提供し合う。
そんな感じになります。
まー
公平な感じがしますよね。

この関係は”信用”
「お金を貸すから利子をつけて返してね」
となりますよね?

友達同士の信用の場合もそう
「コレをしたから今度アレをしてくれ」
みたいな感じになります。
これも公平ですよね?

しかし、信頼の場合はギブのみ
人間の心理として
何かをしてもらうと返さなければいけない
そういった思考があるので
何かお返しを考えますが
ギブした方は何も望んでいません。

なので、GIVE&TAKEは信用よりの考えになります。
ここは上手く使い分ける方がいいかも知れませんね。

まとめ

信用を掴むのは困難ですが、
信頼はもっと困難です。
掛け値なしで信頼する方が楽ですね。

とは言え人間です。
お得な方がいいのでGIVE&TAKEを考えるでしょう。
しかし、テイクを求めても
自分が思ったほどのものが帰ってくるでしょうか?

そんなややこしい事を考えるより
本当の信頼のおける友人を作る方が気持ちがいいですよね♪

そして、覚えておいてほしいのが
「信用している」は
何か担保があるからだと認識していて下さい。
本当に信用している人は相手に対して
「信用している」とは言わないのでw

それではまた!
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

グルメランキング

初心者・お小遣い稼ぎランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました