PC・スマホ・ガジェット関連

【Windows版】仕事で爆速!ショートカット一覧99選

目安時間 11分
  • コピーしました
[word_balloon id="unset" position="L" size="M" balloon="think" name_position="under_avatar" radius="true" avatar_border="false" avatar_shadow="false" balloon_shadow="true" src="https://kyolog.net/wp-content/uploads/2020/05/mayuu.png"]仕事を早くするためにショートカットを覚えたいわ[/word_balloon] こんな事を思った事はないでしょうか?

仕事ができる人はショートカットキーを使います。
いちいちマウスに手を伸ばさない。
仕事が早い先輩をよく観察してみて下さい。
きっとショートカットキーを駆使していることでしょう。

本記事は、そんな悩みを解消すべく
ショートカットキーを一覧にしてみました。
最初は難しいかも知れませんが、
慣れてくると自然と使えるようになります!
ショートカットキーを覚えて周りに差をつけましょう♪

Ctrlキー

ドキュメント内またはウィンドウ内のすべての項目を選択 Ctrl + A
選択したテキストをコピー Ctrl + C (Ctrl + Insert)
選択したテキストを貼り付け Ctrl + V (Shift + Insert)
ファイルを保存 Ctrl + S
操作を元に戻す Ctrl + Z
操作をやり直す Ctrl + Y
選択した項目を切り取る Ctrl + X
新規ウィンドウを開く/ファイルを作成する Ctrl + N
ファイルを開く Ctrl + O
ファイルを印刷 Ctrl + P
ファイルやフォルダーを検索 Ctrl + F
ウィンドウを閉じる Ctrl + W
キーボードのレイアウトの切り替え Ctrl + Shift
作業中のウィンドウを最新の情報に更新 Ctrl + R (F5)
選択した項目を削除し、ごみ箱に移動 Ctrl + D(Del)
次の単語の先頭にカーソルを移動 Ctrl +
前の単語の先頭にカーソルを移動 Ctrl +
次の段落の先頭にカーソルを移動 Ctrl +
前の段落の先頭にカーソルを移動 Ctrl +
新しいフォルダーを作成 Ctrl + Shift + N
[タスクマネージャー]を表示 Ctrl + Shift + Esc
作業中のドキュメントを閉じる Ctrl + F4
テキストのブロックを選択 Ctrl + Shift + 方向キー
タスクマネージャーを開く Ctrl + Shift + Esc
方向キーを使って、開いているすべてのアプリ間で切り替え Ctrl + Alt + Tab
管理者としてアプリを開きます Ctrl + Shiftを押しながらタスク バー ボタンをクリック
ウィンドウ内またはデスクトップ上の複数の項目を個別に選択 Ctrl + →←↓↑ + Space
ファイルアイコンとフォルダーアイコンのサイズおよび外観を変更 Ctrl + マウスのホイール
選択したフォルダーの上のフォルダーをすべて表示 Ctrl + Shift + E
新しいフォルダーを作成 Ctrl + Shift + N
前方のタブへ移動 Ctrl + Tab
後方のタブへ移動 Ctrl + Shift + Tab
ドキュメント内またはウィンドウ内の先頭へ移動 Ctrl + Home
ドキュメント内またはウィンドウ内の後尾へ移動 Ctrl + End




Winボタン

スタートメニューを表示・非表示 Win
デスクトップを表示または非表示 Win + D
コルタナ(Cortana)を起動 Win + S
設定画面を表示 Win + I
アクションセンターを表示 Win + A
Windows Ink Workspaceを起動 Win + W
タスクビューを表示 Win + Tab
仮想デスクトップを追加 Win + Ctrl + D
仮想デスクトップを切り替える Win + Ctrl + ←→
仮想デスクトップを閉じる Win + Ctrl + F4
クリップボードの履歴を表示 Win + V
エクスプローラーを起動 Win + E
ウィンドウを最大化・最小化 Win +
ウィンドウを左半分・右半分に合わせる Win + ←→
エクスプローラーを開く Win + E
すべてのウィンドウを最小化 Win + M
画面の表示モードを選択 Win + P
【ファイル名を指定して実行】を表示 Win + R
パソコンをロック Win + L
クイックリンクメニューを表示 Win + X
絵文字パネルを表示 Win.
通知領域にフォーカスを設定 Win + B
ディクテーションを開始 Win + H
ゲームの実行中にゲーム バーを開く Win + G
クイックアクションを開く Win + K
コンピューターの簡単操作センターを開く Win + U
クリップボードを開く Win + V
クイック リンク メニューを開く Win + X
拡大鏡を開く Win + +
検索を開く Win + S
フィードバック Hubを開き、スクリーン ショットを撮る Win + F
タスク バー上のアプリを順番に切り替える Win + T
プレゼンテーション表示モードを選択 Win + P
デスクトップを一時的にプレビュー Win + ,
作業中のウィンドウを除くすべてのウィンドウを最小化(復元) Win + Home
デスクトップで日付と時刻を表示または非表示 Win + Alt + D
スクリーンショットを撮影して保存 Win + PrintScreen
指定した範囲のスクリーンショットを撮影 Win + Shift + S
クイック アシストを開く Win + Ctrl + Q
最小化されたウィンドウをデスクトップに復元 Win + Shift + M
PC を検索(ネットワークに参加時) Win + Ctrl + F

Altキー

アプリやウィンドウを切り替える Alt + Tab
アプリやウィンドウを切り替える(逆方向) Alt + Shift + Tab
1つ上のフォルダに移動 Alt +
前に戻る Alt +
次に進む Alt +
プレビューパネルを表示 Alt + P
アドレス バーを選択 Alt + D
ウィンドウのメニューを表示 Alt + Space
アプリを終了 Alt + F4
サインイン画面でパスワードを表示 Alt + F8
選択した項目のプロパティを表示 Alt + Enter
1画面上へ移動 Alt + PageUp
1画面下へ移動 Alt + PageDown
項目を開かれた順序で順番に切り替え Alt + Esc




Shiftキー

複数の項目を選択 Shift + 方向キー
ショートカットメニューを表示 Shift + F10
その行の先頭まで選択 ShiftHome
その行の末尾まで選択 ShiftEnd
ファイルやフォルダーを完全に削除 Shift + Delete
アプリをすばやく開く Shiftを押しながらタスク バー ボタンをクリック
アプリのウィンドウ メニューを表示 Shiftを押しながらタスク バー ボタンを右クリック
グループのウィンドウ メニューを表示 Shiftを押しながらグループ化されたタスク バー ボタンを右クリック

Functionキー

ヘルプやサポートを開く F1
選択している項目の名前変更 F2
入力文字をひらがなにする F6
入力文字をカタカナにする F7
入力文字を半角カタカナにする F8
入力文字を全角英数字にする F9
入力文字を半角英数にする F10
ウィンドウを全画面表示(解除) F11
Officeソフトの場合【名前を付けて保存】ウィンドウを表示 F12

まとめ

「100」個となると多く感じるので
「99」個のショートカットキーを一覧にしてみました。
あまり変わりませんか?(笑)
きっとよく使うショートカットキーも出てくると思います。
徐々に覚えましょう!

これ以外にもExcelやWood、アプリ固有のショートカットキーがあります。
また機会があれば記事にしたいと思います。

それではまた!

  • コピーしました

この記事に関連する記事一覧

この記事を書いた人

かがみ
かがみ

40代夫婦で運営するブログです。いわゆる雑記ブログ 様々な情報をお届けします! 「かがみ」 転職回数多数、色々な職種と業種を経験。現在はSE(システムエンジニア) ◎趣味⇒バイクでツーリング・キャンプもどき・以前はワンピースのフィギュア集め。細かい作業が得意。 「妻」 転職は2回。業種は同じで販売⇒現在WEB店舗運営。楽天・Yahoo!・Amazon・ヤフオクなど。

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
ブログ内検索
新着記事
カテゴリー
このサイトについて
 Profile

かがみ

かがみ

40代夫婦で運営するブログです。いわゆる雑記ブログ 様々な情報をお届けします! 「かがみ」 転職回数多数、色々な職種と業種を経験。現在はSE(システムエンジニア) ◎趣味⇒バイクでツーリング・キャンプもどき・以前はワンピースのフィギュア集め。細かい作業が得意。 「妻」 転職は2回。業種は同じで販売⇒現在WEB店舗運営。楽天・Yahoo!・Amazon・ヤフオクなど。

買い物は楽天市場で