ワークマンペットボトルホルダーは真空保冷と真空保温があります!

ワークマン
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

最近、よくアクセスを頂いているので
ちょっと違いを書いてみます。

以下の2つの記事
共通しているのはワークマンのペットボトルホルダー
と言うこと。

ワークマンペットボトルホルダーはもう売り切れ?店舗ではあるかも
ワークマンの保冷・保温のペットボトルホルダーは、毎年すぐに売れる人気商品です。ネットではほぼ買えない状態です。でも店舗では売ってる事もあるので、見つけた時は即買いして下さい!冬は暖かく、夏は冷たく飲みたいですよね!
ワークマンペットボトルホルダーは店舗でも残り少なくなってます(イージスボトル)
大人気で売り切れ続出!ワークマンの真空保冷ペットボトルホルダー。オンラインショップでは既に売り切れです。店舗で見つかればラッキーです。迷わず購入をオススメします!

こちらが上の記事
真空保温ペットボトルホルダーのグラフ

真空保温ペットボトルホルダー

こちらが下の記事
真空保冷ペットボトルホルダーのグラフ

AD




グラフは同じなんですね。
では、何が違うか?
それは高さが違います。

真空保温の方はコンビニなどにある
背が低いペットボトルを想定しています。
BOSSの温かいコーヒーとかですね。

一方、真空保冷の方は
通常サイズのペットボトル
お茶とか、ジュースですね。

これは増量しているペットボトルには
対応していません。

機能としては同じかも知れませんが
高さが違う。んです。

ちょっと、片方が手元にない(会社に常備)ので
比較の写真はありませんが、
ペットボトルを入れて見ると違いが分かります。

どちらも、2021年4月時点で
売り切れている可能性がありますが
また、冬になる前にはでるでしょう。

真空保温の方です。

ですので、購入するときは
冬場は背の低いペットボトルが入る
ペットボトルホルダー。

夏場は通常サイズのペットボトルが入る
ペットボトルホルダー。
そう覚えておいて下さい。

同じ500ml専用でも
ペットボトルのサイズが違うから
こうなるんでしょうね。


タイトルとURLをコピーしました