ビジネス関連

ブログが続かないあなたへ~その2 情報~

目安時間 12分
  • コピーしました

書くことに慣れてきましたか?
文字数が少ないことで記事数はこなせます。
少しずつ文字数を増やしていきましょう!

ブログを書くには色んなインプットが必要
その情報を元にアウトプットしていきます。
自身が体験した情報
人に聞いた話などの情報
それらをアウトプットする訳です。

情報

情報には1次情報と2次情報があります。
冒頭でも出てきたキーワード
大きく分けて2つあります。
自身で体験した情報を1次情報といいます。
それ以外の情報を2次情報といいます。
超簡単に言うと・・・ですが。

因みに3次情報もあります。
これは「まとめ」などのキュレーションサイト

それぞれメリットもデメリットもありますが
強いのは1次情報
自身が体験などをしたことなので
他の人にない強みがあります。
ですが、すべてを体験したことで埋め尽くすのは大変な作業。
2次情報もうまく活用しましょう。

2次情報は使い方次第
諸刃の剣と言ってもいいでしょう。
結局は引用なんですね。
なので、リサーチがうまい人は簡単に情報をアウトプットできます。
しかし、自身の体験ではないので誰にでも作れてしまう。
強い文章力があれば差別化も図れますが、基本的には同じ。
AD



ノウハウコレクターにはなるな

本やニュースの情報は2次情報になりますが、
感想を加えることでひと味違ったアウトプットになります。
インプットした事をアウトプットするのですが、
インプットしたことをどれだけのパターンでアウトプットできるのか?
これをしないとただのノウハウコレクター
インプットだけで終わります。

いくらインプットしてため込もうとしても
人間の脳は忘れるようにできています。
まれに、すべてを覚えている人はいますが
普通の人間には無理な芸当
無理にため込むよりしっかりアウトプットしましょう。

体験に勝るものはない

これは年とともに積み重なる体験が重量だと言うこと。
何十年も社会人をしていると様々な体験をしています。
その体験が記事になるんです。

人はみんな違う道を進みます。
その中で、自分に必要な情報を集めようとする訳ですが、
「こんなのもあるんだな?」と思われる体験があれば儲けもの。
自分ではくだらない情報と切り捨てずに記事にしてみましょう。
全員には当てはまりませんが自分の勝手な判断で切り捨てると損をします。

どんな仕事は別として、成長するまでに色んな経験をしますよね?
それが、ドンピシャにハマると読者になってくれる可能性も!?
会社の秘匿情報などはダメですが、プロセスなど
書けることはいっぱいありますからね^^

勉強


もちろん、勉強も忘れてはいけません。
特に、本はたくさん読みましょう!
それだけでも知識のショートカット

本はお金がかかって出版されます。
時間もかかります。
それはすべて人の体験に基づくもの
全部を吸収するのは無理でも何かのときには役に立ちます。

おすすめは心理学





このシリーズかな?



まとめ

一口に情報といっても様々
どれを選択するかは自分になりますが、
情報がないと濃いブログは書けません。
書けないと続けることもできません。
継続はインプットとアウトプットの連続
インプットしながら自分なりに理解をして
アウトプットをしていくのです。

初めは情報を集めるのに時間がかかったり
上手にまとめられないかも知れません。
しかし、何事も経験です。
これも財産になります。
ゆっくりでいいので1歩ずつ進みましょう!

それではまた!

  • コピーしました

この記事を書いた人

かがみ
かがみ

40代夫婦で運営するブログです。いわゆる雑記ブログ 様々な情報をお届けします! 「かがみ」 転職回数多数、色々な職種と業種を経験。現在はSE(システムエンジニア) ◎趣味⇒バイクでツーリング・キャンプもどき・以前はワンピースのフィギュア集め。細かい作業が得意。 「妻」 転職は2回。業種は同じで販売⇒現在WEB店舗運営。楽天・Yahoo!・Amazon・ヤフオクなど。

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
ブログ内検索
新着記事
カテゴリー
このサイトについて
 Profile

かがみ

かがみ

40代夫婦で運営するブログです。いわゆる雑記ブログ 様々な情報をお届けします! 「かがみ」 転職回数多数、色々な職種と業種を経験。現在はSE(システムエンジニア) ◎趣味⇒バイクでツーリング・キャンプもどき・以前はワンピースのフィギュア集め。細かい作業が得意。 「妻」 転職は2回。業種は同じで販売⇒現在WEB店舗運営。楽天・Yahoo!・Amazon・ヤフオクなど。

買い物は楽天市場で